診療案内

▼一般歯科    ▼義歯   ▼小児歯科   ▼歯周病   ▼歯科口腔外科   
▼インプラント   ▼ホワイトニング

一般歯科

いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当クリニックでは悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者さんのお口の健康に努め、患者さんにご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指していきたいと考えています。
では、一般歯科とはどういった治療のことをいうのでしょうか?
簡単にご説明しますと、小児歯科・矯正歯科・口腔外科以外の虫歯治療や歯周病の治療など、通常皆さんが歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を一般歯科と考えていただいて良いと思います。
cureinfo_003

義歯

cureinfo_015 歯が抜けてしまった場合、見た目やかむ力の回復に為に取り外し式の入れ歯を作ることがあります。
①総入れ歯
歯がすべて抜けてしまっている場合は陰圧で安定させ咀嚼できるようにします。また唇を内側から支えることにより若々しい雰囲気になります。
②部分入れ歯
残っている歯にばねでひっかけて安定させます。入れ歯の金具が目立って困るという方には金具を使わず違和感も少ない入れ歯を作ることもできます。
材料や方法についてはお気軽にご相談ください。

小児歯科

子供たちが抱く歯科医院の第一印象は非常に重要になってきます。
一番初めに嫌な思いをしたり、痛い治療をされると、そのイメージばかりが先行してしまい、歯科医院へ行くことを拒みます。その結果、症状が悪化してからの受診となり、痛みを伴う治療が必要になります。
こういった悪循環を作り出さないように、当クリニックではできるかぎり、子供たちが「怖がられない歯科医院」を目指しています。
虫歯になり痛くなって来院するのではなく、定期的に健康維持のために来てもらえるような歯科医院でありたいと考えています。
cureinfo_005

歯周病

cureinfo_013 歯周病は歯を失う原因の約半分を占めている慢性疾患です。糖尿病、心臓病などと深く関係していることが分かっています。
罹患者は50歳代の人で半分以上とも言われます。
自分では歯周病の進行は自覚できず、また一度かかってしまうとなかなか治りにくく、慢性疾患であることから10代、20代のうちから正しいブラシの当て方を身につけ、定期的に歯石取りをすることが大切です。既に歯周病のある方でも、治療と定期的なクリーニングにより進行を抑制することができます。

歯科口腔外科

顎骨の中に埋まっている親知らずの抜歯、口の中のできものの切除術などを行います。
しかし、外科だけを扱う科では決してありません。
顎・口腔には多種多様な病気が起こります。
顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。
口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こる様々な病気の診断をくだし、治療をする科でもあります。
cureinfo_007

インプラント

cureinfo_009

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように"食べる・話す"ことが出来るようになります。

インプラントについて詳しくはこちら。

ホワイトニング

変色した歯を削らずに白くする方法です。
加齢により黄ばみが進行した歯や喫煙により変色した歯など、ほとんどの歯を白くできます。
方法としては歯科医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と自宅で行う「ホーム・ホワイトニング」があります。

ホワイトニングについてはこちら。

cureinfo_011
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.